<   2008年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

鞆の浦・ひな祭り

鞆の浦・ひな祭りより
古い商家や民家が今もこの町の人々の生活を支えています。
毎年この時期、ひな祭りとして観光客を誘うイベントとして
各商家の玄関先・軒下にお雛さんを展示して居ます。
商家の蔵には古いひな壇が保存され、中には江戸時代の作という貴重なものもあります。
町中が展示場として観光客の眼を楽しませてくれます。

a0034259_12322421.jpg

a0034259_12271022.jpg

a0034259_12273652.jpg
a0034259_1228638.jpg
a0034259_12283446.jpg

a0034259_12304387.jpg

a0034259_1231214.jpg

a0034259_12315133.jpg

[PR]

by s-simoe | 2008-02-29 12:33 | 季節の行事

雪景色Ⅱ

鳥取智頭の山間部で雪に覆われた部落を撮影。

a0034259_18315837.jpg

a0034259_18322311.jpg

a0034259_18325618.jpg

a0034259_18335678.jpg

a0034259_18462642.jpg

[PR]

by s-simoe | 2008-02-11 18:34 | 雪景色

鳥取・智頭町より

鳥取・智頭町より  板井原集落
板井原集落(いたいばらしゅうらく)は鳥取県八頭郡智頭町にある山村集落。伝統的建造物群保存地区。牛伏山や海上山など周囲の山々の間に沈みこんだ集落には平家落人の隠れ里の伝説が残る。

智頭往来が通る智頭宿の牛伏山の裏側の山間部に位置する集落で、江戸時代は農業と炭焼き、明治時代は養蚕で栄えた。 養蚕最盛期には複数の土蔵を備えた邸宅があったが、古峠の下を抜けるトンネルが開通した1967年以降、急速に過疎化が進んだ。近年になって江戸時代の地割をそのまま残すこの地区が文化遺産として注目されるようになり、「日本の山村集落の原風景」と贊えられるようにもなった。21世紀になって漸く古民家の保存と再生作業が始まったばかりである。

なお現在まで、自動車が集落内に入ったことは無い。


a0034259_1264749.jpg

a0034259_1204585.jpg

a0034259_123746.jpg

a0034259_1242821.jpg


http://www.rurubu.com/sight/sightdetail.asp?BookID=A4301162
[PR]

by s-simoe | 2008-02-05 12:07 | 雪景色